循環器内科

循環器内科

循環器内科では心臓や血管の病気を診療します。高血圧・動悸・息切れ・不整脈・胸痛・胸部圧迫感・めまいなど循環器の不具合から生じる、体からのサインには様々なものがあります。これらのサインは放っておくと、やがて心筋梗塞や狭心症・心不全・弁膜症・慢性動脈閉塞・突然死など重篤な事態へと繋がる危険性をはらんでいます。
検査を通して、初期の段階で治療を行う事が大切。少しでも異常を感じたら迷わず受診する事をお薦めします。

こんな症状ありませんか?

健診で異常があると言われた

定期健診のレントゲン検査や心電図において異常が発見された場合、心臓や血管、肺に関係する病気の疑いがあります。
エコー検査などの、より専門的な検査が必要になりますので、できるだけ早く専門医にご相談ください。

少し運動をすると息切れする・胸痛や胸の圧迫感がある

運動時の息切れは、単に年をとったからとか運動不足というだけでなく、貧血をはじめとした血液疾患、肺や気管支といった呼吸器系の病気、および心不全や狭心症などの心疾患が原因となっている場合がありますので、専門的な検査が必要です。

動悸がする・脈がバラバラ・脈が抜ける

心臓は、血液を全身に送るポンプの役割があり、1日に約10万回、1分間に60100回のリズムで規則正しく収縮をしています。心臓の規則正しいリズムが何らかの原因で乱れることを、不整脈といいます。動機や脈が抜ける場合は、不整脈が起こっている可能性があります。不整脈はほとんどの場合、放置していても問題ありませんが、まれに専門的な治療が必要となることがあるため注意が必要です。

足のむくみ

むくみの原因は様々です。心臓、腎臓、肝臓、ホルモンの異常など内臓の病気が原因のこともありますし、下肢の静脈の働きが悪いためむくみがでることもあります。それらの原因をつきとめるには、やはり循環器専門医による診察が必要です。

歩行するとふくらはぎが痛む

歩くとふくらはぎが痛くなる、少し休むと歩けるようになるといった症状は、下肢の血管の動脈硬化による間歇性跛行(はこう)が原因かもしれません。循環器専門医では、間歇性跛行(はこう)の検査や治療を行うことが可能です。

血圧が気になる

高血圧は、全身に様々な症状を引き起こします。検診などで血圧を測定する際も、緊張や不安から正しい数値を測る事が難しいため、平常時の血圧を毎日決まった時間に測定することが大切です。常時血圧が高い、起床からしばらくの間、血圧が高い状態が続くという場合は、循環器専門医へご相談下さい。

代表的な疾患

高血圧

血圧が高い状態のままであることを高血圧と言い、「診察室血圧で14090Hg、家庭血圧で13585Hg」とされています。放置しておくと動脈に負担がかかって動脈硬化が進み、心臓も疲弊します。その結果、心筋梗塞や狭心症、心不全といった心臓疾患や脳梗塞、脳出血などを引き起こすこともあるので、血圧が高い状態が続いている方は早めに治療を開始することが重要です。

 

高血圧の症状

高血圧は自覚症状があまり無いので、動脈硬化が進んで他の疾患を発症してから気が付くケースも少なくありません。まずは、定期的に血圧を測っておくことが大切です。

高血圧になる原因

高血圧の原因は様々です。特に、ストレスや塩分の摂りすぎ、運動不足などの生活習慣が主な原因と言われています(本態性高血圧症と呼びます)。また、腎臓病やホルモン異常が原因となって高血圧を引き起こしているケースもあります(2次性高血圧症と呼びます)。年齢を重ねると血管も老化が進むため、血圧が高くなる傾向があります。

高血圧の治療

生活習慣や加齢が原因の本態性高血圧症なのか、他の病気が原因の2次性高血圧症なのか、原因によって適切な治療は異なります。まずは問診や各種検査などによって血圧が高くなっている原因を明らかにし、運動療法や食事療法、禁煙、そして必要であれば薬も使って治療を進めていくことになります。塩分の摂り過ぎが主な原因の場合、減塩に努めるだけでも血圧が下がることがあります。内服薬については、自分に最も合う薬で治療を続けていくことが大切で、経過を見ながら薬の量を増やしたり、減らしたり、種類を変えたりします。

不整脈

心臓は一定のリズムで収縮を繰り返していますが、何らかの原因でリズムが乱れることを不整脈といいます。 不整脈は、動悸やめまい、胸部の違和感、息切れ、胸痛、失神などの症状が現れますが人によっては無症状の場合もあります。特に症状はなく、健康診断の心電図検査で初めて不整脈を指摘されるということもあります。
まずは、心電図等を用いた検査から不整脈の診断をいたします。また、必要に応じて24時間記録するホルター心電図検査を行ないます。当院ではホルター心電図を行ない循環器専門医である院長が判読を行なっております。

 

早い脈(頻脈)

頻脈は、脈が速まってドキドキと動悸を感じる症状が現れます。頻脈が進行していくと、心臓が全身に血液を送り出すことが出来ず、次第に吐き気や冷や汗、意識消失といった症状が現れます。

遅い脈(徐脈)

徐脈は、ふらつき、めまい、意識がなくなり卒倒するといった症状が現れます。長期間にわたって徐脈の状態が続くと、少しの動作でも息が切れるようになります。

飛ぶ/抜ける脈(期外収縮)

期外収縮になっても自覚症状を感じない場合が多いのですが、症状を感じる時は、脈が飛んだり、胸の周辺部分に不快感を覚えたり、胸が痛くなったりします。
これらの痛みは比較的狭い範囲で起こり、あまり持続しない(数十秒以内)で消失します。

不整脈の治療

不整脈は、健康診断や定期検査で経過を観察するだけで特に治療が必要ないケースもあります。治療が必要と判断された場合は、脈拍をコントロールする薬や不整脈を抑える薬を処方いたします。
不整脈の治療は、薬物療法のほかにアブレーションという血管内から心臓にカテーテルを挿入して治療を行う方法や、ペースメーカー、植え込み型除細動器などを挿入する治療法もあります。これらの治療が必要と判断された場合は、治療が出来る病院を紹介いたします。

メタボリックシンドローム

体に必要以上の脂肪がたまっている状態を肥満といいます。お腹に脂肪がつく内臓脂肪型肥満とおしりや太ももに脂肪がつく皮下脂肪型肥満があり、内臓脂肪型肥満に高血圧、脂質異常症、高血糖が合併した状態をメタボリックシンドローム呼びます。メタボリックシンドロームには以下の診断基準があります。

内臓脂肪が多い方

(ウエスト 男性の方で85センチ以上/女性の方で90センチ以上)

かつ、

以下、①~③のうち二つ以上当てはまる方

  1. 脂質異常症(血液がドロドロしている)
  2. 高血圧(血圧が高い)
  3. 高血糖(血糖値が高い)

肥満は、それ自体が病気というわけではありません。けれどメタボリックシンドロームと診断された方は動脈硬化が進行しやすいため、放置していると心筋梗塞や脳梗塞といった重篤な疾患を引き起こす恐れがあります。なるべく早めに改善して、心筋梗塞や脳梗塞の予防をすることが大切です。

メタボリックシンドロームの症状

上記基準の通り、お腹周りが出ていることが最大の特徴です。また、高血圧や脂質異常症、高血糖などが合併するので、それらの症状がみられる場合も早めにご相談ください。

メタボリックシンドロームになる原因

最大の原因の一つは食べ過ぎですが、カロリーが高いことだけでなく、塩分の摂り過ぎや野菜不足、寝る前に食べるといった食事をとる時間などもメタボリックシンドロームの原因となります。また、ストレスや睡眠不足、運動不足、タバコといった生活習慣のほか、加齢や遺伝なども原因としてあげられます。

メタボリックシンドロームの治療

カロリーや脂質、そして塩分の摂取量を調整し、寝る直前は食事をしないようにします。また、お酒やタバコは控え、できるだけ十分な睡眠時間を確保するようにします。さらに、運動を習慣化することも重要です。

一番上に戻る
TEL:072-687-6525 24時間Web予約 事前Web問診